手根管症候群

このようなお悩みはありませんか?

  • 手のひら、親指~薬指にかけて痛みやしびれがある
  • 手を使うとしびれが増す
  • しびれや痛みで眠れない
  • 親指の付け根が痩せている
  • ボタンかけなどの細かい動きがやりにくい

手根管症候群とは? || 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

「手根管」とは、手のひらの付け根の骨(手根骨)と指を曲げるための筋肉を束ねている横手根靱帯(屈曲支帯)に囲まれた伸縮性のないトンネルのことです。

このトンネルには指を曲げる筋肉9本(10本)と正中神経(せいちゅうしんけい)が通っています。

手根管症候群は、正中神経がトンネル内で圧迫されることと手首の運動によって生じます。

40代以降の女性に多く見られます。
また、日常生活や仕事、スポーツで手を使う機会が多い人や長期間人口透析を受けている人も発症しやすい傾向にあります。

 

 

 

手根管症候群の原因 || 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

手根管が圧迫されてしまう原因は、

仕事や日常生活での同じ動作の繰り返し、
スポーツなどで手を酷使する、
手のケガ・骨折・リウマチ、
手首や手根周辺のむくみ

などで起こりやすいとされています。

 

また、妊娠・出産期や更年期の女性にも多く生じますが、
その原因は不明で、ホルモンバランスの乱れによる腱鞘(けんしょう:腱が通るトンネル)の
むくみが原因ではないかと考えられています。
この場合、特発性手根管症候群と呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

手根管症候群の症状 || 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

手根管症候群の症状は、

手のひらや親指・人差し指・中指・薬指にかけてしびれや痛みが出ます。
初期には人差し指や中指、進行すると親指に症状が出るようになります。
最終的には親指~薬指にかけての3本半の指がしびれてきます。

これは手根管に圧迫されている正中神経の支配領域が親指~薬指にかけてにあるからです。
そのため小指に症状が出ることはありません。

急性期は、明け方にしびれや痛みが強くなります。

また、手を振るとしびれや痛みが緩和することがありますが、
これは一時的に血流がよくなるためです。

さらに、ひどくなると親指の付け根(母指球)が痩せ、
ボタンかけや縫物などの細かい作業が困難になり、
きれいなOKサインができなくなります。

 

手根管症候群の検査 || 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

徒手検査

ティネル兆候

手根幹部(手首の少し上)を軽くたたく → 指先に放散痛・しびれが出たら陽性

 

ダルカン兆候

手根幹部を指で押す → 痛みやしびれが広がる・増悪すると陽性

 

ファーレンテスト

指先を下に向け、左右の手の甲を合わせ一分間保持する → しびれや痛みが増悪すると陽性

 

レントゲン・超音波検査

手根管を圧迫するような骨の異常や変位、腫瘍がないかを調べる

神経伝導検査

神経を2か所から電気刺激を与えて、刺激の伝わる速度を調べる検査

メディカル・ブルー整骨院での手根管症候群の施術方針

一般的に整形外科に行き手根管症候群であることが診断されると、

消炎鎮痛剤やビタミンB12などの飲み薬、湿布薬の使用、
手を使いすぎないように仕事や運動を制限し局所を安定させる、
手根管内腱鞘内注射などの保存療法が行われることが多くあります。

 

しかし横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院では、
多くの手根管症候群の原因を
「手の使い過ぎ」と「不良姿勢」による神経圧迫だと考えています。

手根管症候群の起こる原因は手首の正中神経が圧迫されて起こりますが、
その圧迫する前の段階として不良姿勢や骨盤の歪みから起こる肩関節や腕の筋肉の
柔軟性の低下や筋力不足によると考えているからです。

そもそも指を動かす筋肉で手根管を通る筋肉は肘周辺から始まっています。
本来であれば体全体や肩・手を使って動くべきところが、筋力不足などにより
腕ばかりに負担をかけてしまうと腕の筋肉が張ってしまい
結果、手根管内の正中神経を圧迫することになってしまいます。

※手根管を通る腱は、

橈側手根屈筋腱(所説あり)・長母指屈筋腱・浅指屈筋腱(4本)・深指屈筋腱(4本)

 

患者様の生活スタイルや姿勢の崩れの要因は様々です。
症状の改善はもちろんですが、
何がしびれの原因となっているのかや、日常でどんなことに気を付けたらよいのか など
丁寧に問診し、お一人お一人にあった施術プランをご提案します。

また、自宅でもできるケアの方法などもお伝えし再発予防もお伝えしていきます。

 

 

※症状がひどく悪化している場合や
親指の付け根に筋肉(母指球)が痩せてしまっている、
腫瘍があるなどといった場合は手術が必要になります。
以前とは違い、内視鏡を用いた手根管開放術や
小皮切による直視下手根管開放術が行われています。

 

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院では、
病院へ行くべきかの鑑別も行っております。
お困りの際にはご相談ください。

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院 ご案内

LINE予約

メディカル・ブルー整骨院

メディカル・ブルー整骨院地図

住所

〒240-0013
横浜市保土ヶ谷区帷子町2-69

アクセス

平日は夜20時まで受付!土曜日も受付!

受付時間(予約優先制)

【受付時間】9時~21時

△:18:00まで

tel:045-333-6700

PAGE TOPへ